薄毛の種類で髪型を決める

薄毛が気になってきた時、変に隠そうとすると逆に目立ってしまうことも珍しくありませんので、そうならないためにもこだわりたいのが髪型です。
薄毛といってもいくつかの種類がありますので、それに合わせて髪型を決めることでナチュラルな形で薄毛を隠すことにも繋がります。
まずM字型に髪が薄くなっている場合、軽度であれば前髪や周囲の髪の毛を使って色々なスタイルを楽しむことが出来ますので、それほど難しいことはありません。
しかし、額の生え際が全体的に薄くなってきてしまうと、前髪や周囲の髪の毛を使うと逆に髪の薄さが目立つようになりますので注意が必要です。
この場合は、短髪やソフトモヒカンなどにすると違和感ないヘアスタイルにすることが出来るはずです。
次に頭頂部や後頭部の髪が薄いという場合におすすめなのが前髪を後ろに流してまとめたオールバックです。
髪の毛が薄くなっている部分を前髪で隠すことが出来る上に少し大人の魅力を引き出すことも出来るおすすめのスタイルとなります。
最後に全体的に薄くなってしまったという場合、残った髪を伸ばして誤魔化すのではなくすっきりと短く切ってしまった方が見栄え的によいといえます。
このように薄毛になってくると、その種類によって髪型を決めることが重要なのです。

薄毛でもボリュームのある髪型にする方法

薄毛の場合、頭の頂上に髪が足りない方がかなり多く見受けられます。
カツラを使用したり、増毛や育毛で努力をされるケースもありますが、手軽に目立たない髪型にする方法が 前髪を伸ばし続けることです。
髪は少なくても、残っている髪を伸ばすことはできます。
特に何かをしなくても、そのままにしておけば髪は伸びていきます。
そして伸びて長くなった前髪を、薄い部分に寝かしつけます。
特に、オールバックにすると薄毛を目立たなくすることができます。
ただし、べったりと整髪剤をつけてしまうと隙間が目立ってしまいますので、泡状のムースをつけて ドライヤーでふんわりセットするのが一番目立たなくできます。
最近では、薄毛の方の髪型を上手にセットしてくれるお店もありますので、同窓会や結婚式の時に ボリュームのある髪形にして出かける人も多くなっています。
それぞれの年代でも薄毛対策は違ってくるようですが、日々努力をしてカバーするのか、必要な時に ボリュームアップをするのかは、コンプレックスに対する考え方次第になります。

check

塾を長野の辺りで検索

2018/8/24 更新

Copyright c 2015 薄毛にお悩みなら・・・ All rights reserved.